腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 過敏性腸症候群の検査方法

 

過敏性腸症候群の治療・対処

過敏性腸症候群の検査方法

自分は過敏性腸症候群かもしれないと疑ったら、 まずは消化器内科他の病気でないか確かめる必要があります。

 

消化器内科ではまず、 目で見る(視診)、手で触る(触診)、状態を聞く(問診) をします。 問診では、お腹の様子やどういった状態のときに症状が起こるのか、 不安やストレスはないかなど、かなり深く聞く場合もありますので、 30分以上かかることもあります。

 

次に精密検査に入ります。 精密検査では、実際に腸の様子を確かめるのですが、 血液検査、尿検査、検便、腹部X線撮影などをします。 これらは基本的な検査になりますので、 さらに必要に応じて、大腸内視鏡検査か注腸造営検査を行います。

 

注腸造影とは、肛門からバリウムと空気を送り込むことにより、詳しい腸の写真をとる検査です。

 

大腸内視鏡検査とは、肛門から小型カメラを挿入して、腸の様子を確認する検査です。

 

場合によっては、小腸の撮影をしたり、胃カメラを飲む場合もあります。 このような一通りの検査をして、身体に異常がないと確定したら、 過敏性腸症候群であるという疑いがいっそう強くなります。

 

ここからはお医者さん独自の判断で、 心療内科や精神科を勧められる場合もありますし、 薬を処方されて様子を見るという場合もあります。 どちらにしろ、自分が一番納得のいく方法で受診しましょう(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→過敏性腸症候群の治療法

 

過敏性腸症候群の治療・対処

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!