腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 過敏性腸症候群に用いる薬

 

過敏性腸症候群の治療・対処

過敏性腸症候群に用いる薬

過敏性腸症候群は、肉体的な症状精神的な症状を併行してケアしていく必要があります。一般的に処方されることが多い薬をご紹介いたします(^^)

 

  • 整腸剤:胃腸の調子を整えます。
  • 下痢止め:下痢を止めます。
  • 便秘薬:便秘を解消します。
  • 粘膜まひ薬:腸の粘膜を麻痺させて、過敏に反応しにくくします。
  • ガス減少剤:ガス症状を解消します。
  • ぜんどう運動抑制薬:腸のぜんどう運動を抑制します。
  • 抗うつ剤:うつ状態を和らげます。
  • 抗不安薬:不安や緊張を和らげます。
  • 漢方薬:整腸作用や滋養強壮。
  • 自律神経調整薬:消化管の運動機能を調整します。

 

以上のような部類の薬を処方されることが多いと思いますが、場合によってさまざまな薬を使用することもあります。

 

ただ、中にはきついお薬もありますので、お医者さんの言うことをきちんと聞いて、説明書通りの使い方をしましょう!

 

今日は調子が悪いから倍飲んでおこうなんて、絶対に思わないでくださいね(^^;)

 

このページの一番上へ>  次のページ→心理療法(自律訓練法)

 

過敏性腸症候群の治療・対処

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!