腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 食事は1日3回!

 

生活習慣の見直し

食事は1日3回!

食事は朝昼晩食べるのがいいといいますね。では、なぜ1日3回食べるとよいのでしょうか?

 

よく朝を抜いてはいけないという話を聞きます。それは確かにそうです。朝を抜いてしまうと、身体に栄養がない状態で動くことになりますから、頭がボーッとして健康上良くないです。

 

1日3回食べるという意味の1つに、まず朝を抜かないことが重要という意味が含まれます。

 

私はもう1つ重要な意味があることに気づきました。それは内臓を休めるという意味合いです。

 

内臓って疲れるの?と思われるかもしれませんが、内蔵も立派に疲れます。筋肉痛にはなりませんが、胃もたれや下痢などの症状で知らせてくれます。

 

仮に1日に2回の食事だったとします。2回の食事にしても1日に必要な栄養は同じなので、1度にたくさん食べるようになります。そうすると内臓に負担がかかりやすく、消化不良→下痢や便秘という風になってしまいます。

 

1日3回摂ることによって、胃腸になるべく負担をかけずに、効率よく栄養を吸収できるのです。もちろんお腹にいいことは明白ですね(^^)

 

昔の人のいうことは素直に聞いて、”食事は1日3回きっちり食べる!”ということを実践していきましょう(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→食事と排便のリズムを整える

 

生活習慣の見直し

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!