腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 食生活の見直し

 

生活習慣の見直し

食生活の見直し

現代の食事って栄養価が高すぎます。昔の日本の食事に比べ、2〜3倍栄養価が高いです。特に日本人も肉食になってきたので、たんぱく質脂質の割合が非常に高くなっています。

 

日本人の身体が外国の肉食に対応できればよいのですが、糖尿病が増えたり、メタボなおっちゃん(笑)が増えたりと、どうやら身体は時代の流れについていけていないように感じます。

 

ですので、過敏性腸症候群を患っている方は、食事に少し注意が必要になってきます。食事については、下痢型・便秘型・交代型のどれも同じ対策で大丈夫です。

 

過敏性腸症候群の人が、特に食べた方がいいもの

穀類、イモ類、海藻、野菜、きのこ類

 

※これらの食品は食物繊維が豊富に含まれていて、腸の環境を良くしてくれます。お腹をこわしているときは、細かく刻んでやわらかく煮たものを食べるとよいでしょう。

 

過敏性腸症候群の人が、控えた方がいいもの

炭酸飲料、お酒、刺激のある香辛料、冷えすぎているもの、カフェイン、脂肪の多いもの

 

※炭酸やお酒はお腹にガスをためやすく、不調の原因になりやすいです。また基本的に刺激物は腸の働きを弱めてしまいます。脂肪の多いものとして、脂っこいものの他に、豆類にも脂肪が多く含まれているので、要注意です。

 

以上を参考にしながら食事をしてみてください。ここに書いていないものは、普通に食べて大丈夫です。

 

ただ、食事は楽しむのが一番!あまり神経質になる必要はないです(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→食事は1日3回!

 

生活習慣の見直し

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!