腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 過敏性腸症候群と間違えやすい病気

 

その他、過敏性腸症候群(IBS)お役立ち情報

過敏性腸症候群と間違えやすい病気

過敏性腸症候群は、腹痛や下痢などを繰り返す病気ですが、 自分は過敏性腸症候群だと思っていても、 いざ検査をしてみると、違う病気だったということもあります。

 

ここでは、過敏性腸症候群と似たような症状を示す他の病気をご紹介いたします(^^)

 

大腸ポリープ、大腸がん

ポリープとはいぼのようなもので、大腸にできると便の通り道をふさいで便秘になったり、 大腸が異常な動きをして下痢になったりします。がんもポリープと同じような症状がでますが、 がんの場合は性質が悪く、転移したりしたら大変です(^^;)

 

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

大腸に潰瘍(かいよう)というできものができたり、ただれたりする病気です。過労やストレスが原因と考えられていますが、特定されていなく難病に指定されています。

 

便秘と下痢を交互に繰り返したり、過敏性腸症候群と似たような症状がでますので、 間違わないように注意が必要です。

 

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)

大腸の一部が出っ張りをつくると憩室(けいしつ)というものができます。 憩室は袋状で時に炎症したり、ガスがたまりやすくなったりします。

 

乳糖不耐症

牛乳を飲むと下痢をする人っていますよね。 そういう人はだいたい乳糖不耐症です。 牛乳や乳製品には、乳糖という成分が入っているのですが、 体に乳糖を分解する酵素が少ない人がいます。 こういう人は乳糖不耐症ですので、牛乳や乳製品をとることをやめると、下痢が治まったりします。

 

日本人には、乳糖不耐症の人が多く、欧米人には少ないです。

 

以上のような病気が、過敏性腸症候群と間違えやすい病気です。

 

他にも糖尿病や女性の更年期障害・子宮内膜症なども同じような症状がでることがあります。 いずれにせよ、過敏性腸症候群と決定するには、専門の医師による検査が必要ということです(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→過敏性腸症候群と自律神経失調症

 

その他

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!